洗濯機 引越し 設置

洗濯機の引越しで設置で気を付けること

洗濯機の引越し 設置で気を付けることは?お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

引越しの際に洗濯機を移動するのには専門的な知識が必要となります。
例えば取り外しや取り付けも正しい手順で行わなければなりません。
手順を誤ったり失敗してしまうと故障や水漏れの原因に
なってしまうこともあるため、適当に行わないようにしましょう。

 

設置に関することはすべて引越し業者にお任せしようと思っている方もいるかもしれません。

ですが、取り外し工事と取り付け工事は
有料となる場合が多いので注意しましょう。

業者によって費用は違いますが、
全自動洗濯機の場合は1000円〜3000円ほどが相場です。
ドラム式洗濯機の場合はそれよりも費用が高くなることが多く、
10000円以上の工事費用がかかってしまうこともあるので、
詳細な費用については事前に確認しておいた方がいいでしょう。
特殊な条件が含まれる場合、さらに費用が高くなってしまうこともあります。

 

費用に関する注意点

引越し業者に取り外し工事や取り付け工事を依頼する場合、
事前に訪問見積もりを依頼しなければならないケースもあります。
この際に下見料として費用がかかることもあるので
料金を確認しておきましょう。

 

ただ、洗濯機だけではなく、全体の引越しも依頼するという場合、
その下見と同時に洗濯機の訪問見積もりを依頼すれば
別途下見料がかかるようなことはありません。
できるだけお得に引越しをするためにも、
訪問見積もりの際にまとめて下見をしてもらいましょう。

 

自分で洗濯機の取り外し、設置、取り付けをする際の注意

自力の引越しをする場合や業者に輸送のみを依頼する場合は、
自分で取り外し作業を行いましょう。
取り外しの方法については洗濯機の取り扱い説明書に
記載されているはずなので、そちらを確認しながら行った方が確実です。

 

洗濯機を買ったのが何年も前という場合、
取り扱い説明書を紛失してしまったという方もいるかもしれません。
そういったものでもメーカーのホームページ上から
取り扱い説明書をダウンロードできるものが多いので、確認してみてはどうでしょうか。

一般的には水抜きを済ませた後にホースやアース線、コンセントを外します。
設置に必要な部品類などはなくさないようにひとまとめにしておきましょう。

 

業者に運搬を依頼する場合は取り外しを済ませるだけでいいです。
他の荷物のように段ボールなどに入れて梱包しておく必要はありません。

 

ただ、自分たちで運搬する場合は途中で洗濯機や壁を傷付けないためにも
しっかり周りをカバーしておいた方が良いでしょう。

 

また、引越し先でも正しい方法で設置をしなければなりません。
業者に依頼した場合、取り外し工事費用よりも
取り付け工事費用の方が高く設定されています。
つまり、それだけ専門的な知識を必要とする作業だということです。

設置方法間違えてしまうと水漏れや故障の原因にも繋がってしまうので、
自信のない方は業者に依頼をした方がいいでしょう。

 

下の階にまで水漏れの被害があった場合、
かなりの賠償金を請求されてしまうこともあります。

 

自分で行う場合はまずは蛇口が洗濯機に合っているものか
どうかを確認しなければなりません。
仮に合っていなかった場合、商品や蛇口に合った
水栓ジョイントを用意する必要があります。

 

それから、本体と排水ホースをつないだら
洗濯機が水平に設置できているか確認しなければなりません。

これには付属品の水準器と呼ばれるものを使います。
水平ではない状態で稼動させてしまうと故障の原因にもなるので注意しましょう。

次に洗濯機が水平になるように脚用のキャップを使って調整し、
アース線を取り付けます。

 

給水ホースを洗濯機本体と壁の専用コンセントまたは
蛇口につないだらコンセントを差し込んで完了です。
取り扱い説明書には設置に関する注意点が記載されているので、
必ず確認してから始めましょう。

 

洗濯機の引越し 設置で気を付けることは?お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

業者に依頼したほうが安心

費用を心配して自分で行う方もいるようですが、取り扱い説明書を見ても
よくわからないという方は業者に依頼したほうが安心できます。
それほど難しい作業があるわけではないのですが、
仮に設置に失敗してしまったときのことを考えると
適当に作業するのはおすすめできません。

 

水漏れなどが発生してしまうと大変だというのは容易に想像できますよね。
特に大きなトラブルとして挙げられるのが、設置などを間違ってしまったために
稼動中に不具合が発生してしまった場合です。
もしも外出中に水が出っ放しの状態になってしまった場合、
大惨事になってしまいます。

 

確かに業者に依頼をすると数千円〜1万円以上の費用がかかってしまいますが、
トラブルが起きた時の修理費用や賠償について考えると
業者に依頼した方が確実だといえるでしょう。

 

業者に依頼をする際に気をつけておきたいことが、
引越し先での電気関係の手続きです。

設置を依頼するタイミングでは、電気が通っている必要があります。

取り付けの作業完了後に動作確認をするため、
コンセントまで電気が通っていない状態だと動作確認ができないからです。

 

通電手続きが遅れてしまったために動作確認をしてもらうことが
できなかったというような事態がないように気をつけましょう。

 

洗濯機の引越し 設置で気を付けることは?お勧め一括見積もりサービス

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。